Androidアプリ BMスマートターミナル更新情報 - お知らせ - ケージーエス株式会社

視覚障害者用福祉機器と精度の高いソレノイドの開発生産、産業用機器から民生用機器まで

Androidアプリ BMスマートターミナル更新情報

最終更新日:2020/5/15
最新バージョン: Ver1.2

点字ディスプレイ ブレイルメモスマートから、
Androidスマートフォンを操作するためのアプリケーションです。

GooglePlayからから、アプリをダウンロード・更新頂けます。

BMスマートターミナル Ver1.2のご紹介 2020/5/15

BMスマートターミナル Ver1.2のご紹介 2020/5/15

"Ver1.2での変更点"

このバージョンでは、以下の修正を行いました。

(1)スマホ内の共有ストレージにアクセスする機能を、リニューアルしました。

新しい機能と使い方については、 〈フォルダの内容を表示する〉 をご覧ください。

(2)インターネットメール機能に、以下の修正を行いました。

・未送信のファイルを、下書きフォルダに保存するように修正。

・送信メールに、ファイルを添付する機能を追加。

(3)スマホのカレンダーに、スケジュールの登録機能を追加しました。


BMスマートターミナル Ver1.1.14のご紹介 2020/4/9

BMスマートターミナル Ver1.1.14のご紹介 2020/4/9

"Ver1.1.14での変更点"

このバージョンでは、以下の修正を行いました。

(1)「BMスマートターミナル 機能選択ウィンドウ」に、ショートメッセージの送信機能を追加しました。

この機能は、標準のメッセージングアプリを利用するため、アクセスビューを開いている時のみ使用可能です。

ショートメッセージは、相手のスマホ電話番号を指定して、70文字までのメッセージを送れる機能です。

通常、1件につき、3円程度の料金がかかります。詳しくは、ご使用のキャリアのホームページ等でご確認ください。

(2)通知サポート機能を全面的に見直しました。

新しい機能と使い方については、
〈通知サポート機能について〉
をご覧ください。

(3)メインウィンドウの、「その他のオプション」メニューに、「ロック解除画面を隠さないようにする」項目を追加しました。

この項目をチェックしておくと、BMスマートと接続していない時にも、ロック画面の上に、アプリのウィンドウを表示しません。


BMスマートターミナル Ver1.1.13のご紹介 2020/3/23

BMスマートターミナル Ver1.1.13のご紹介 2020/3/23

"Ver1.1.13での変更点"

このバージョンでは、ナビモードで行うタッチ操作の場所を指定するコマンドを追加しました。

これらのコマンドを実行すると、それ以降に行うタッチ操作の場所が変わります。

・1,3,4,5,6,8の点 タッチ操作 標準、画面中央で大きく。

・1,2,3,5,6,8の点 タッチ操作 画面上部で小さく。

・1,2,3,4,6,8の点 タッチ操作 画面中央で小さく。

・1,2,3,4,5,8の点 タッチ操作 画面下部で小さく。

 これらのコマンドでは、タッチ操作を画面のどこで行うかを指定できます。

・1,6,8の点 タッチ操作 フォーカス連動

 このコマンドを実行すると、タッチ操作を行う場所がトークバックフォーカスに連動します。

 タップ操作は、フォーカス位置の項目の中で行います。

 また、スワイプ操作は、フォーカス位置を含む親項目の中で行います。


BMスマートターミナル Ver1.1.12のご紹介 2020/3/6

BMスマートターミナル Ver1.1.12のご紹介 2020/3/6

"Ver1.1.12での変更点"

このバージョンでは、「通知サポート機能」を追加しました。


BMスマートターミナル Ver1.1.11のご紹介 2020/2/6

BMスマートターミナル Ver1.1.11のご紹介 2020/2/6

"Ver1.1.11での変更点"

このバージョンでは、以下の修正を行っています。

(1)アクセスビューを使用している時は、アプリ専用機能のウィンドウも、アクセスビューから操作できるようにしました。

(2)クリップボード転送機能で、1MB程度の長いテキストも、相互に送信できるようになりました。

(3)アクセスビューで表示中の項目のテキストや、選択・チェックなどのステータスが変化した時、表示を自動的に更新する機能を追加しました。

(4)ナビモードの操作に、テーブル内を移動する、以下のコマンドを追加しました。

・1,2の点:上の項目に移動

・4,5の点:下の項目に移動

・2,3の点:左の項目に移動

・5,6の点:右の項目に移動

・1,2,8の点:上端の項目に移動

・4,5,8の点:下端の項目に移動

・2,3,8の点:左端の項目に移動

・5,6,8の点:右端の項目に移動


BMスマートターミナル Ver1.1.10のご紹介 2019/12/16

BMスマートターミナル Ver1.1.10の更新内容のお知らせ

"Ver1.1.10での変更点"

このバージョンでは、以下の修正を行っています。

(1)スマホの再起動後のブルートゥース接続に関する改善を行いました。

スマホを起動/再起動した後、BMスマートからブルートゥース接続可能になるまでに、およそ30秒程お待ち頂く必要があります。

この間に、外部からブルートゥース接続しようとすると、ペアリングのやり直しが必要になってしまいます。

外部からの接続準備が完了すると、長めのバイブレーションが鳴りますので、BMスマートから接続する場合は、この信号を確認してください。

また、メインウィンドウの「その他のオプション」メニューを開き、次の項目をチェックしておくと、ブルートゥースの準備完了後に、スマホ側から前回使用したBMスマートに接続します。

 スマホの起動時にBMスマートへの接続を試行する

(2)アクセスビューから、連絡先情報(Emailアドレス、電話番号)を登録する機能を追加しました。

・オルトキー+D:メールアドレスを、連絡先一覧に追加するか、または検索して入力欄に挿入します。

 名前やアドレスの一部を入力してエンターキーを押すと、該当する登録の一覧が開き、選択したアドレスを入力欄に挿入できます。

 「名前=アドレス」の形で入力すると、指定したアドレスを、連絡先リストに保存できます。

・オルトキー+セレクトキー+D:電話番号を、連絡先一覧に追加するか、または検索して入力欄に挿入します。

 名前や電話番号の一部を入力してエンターキーを押すと、該当する登録の一覧が開き、選択した電話番号を入力欄に挿入できます。

 「名前=電話番号」の形で入力すると、指定した電話番号を、連絡先リストに保存できます。

(3)BMスマートキーボードに、次のボタンを追加しました。

・左矢印:カーソルを左の文字に移動します。長押しすると、先頭に移動します。

・右矢印:カーソルを右の文字に移動します。長押しすると、末尾に移動します。

・削除:カーソルのある文字を削除します。

・改行:検索などを実行します。


BMスマートターミナル Ver1.1.9のご紹介 2019/12/2

BMスマートターミナル Ver1.1.9の更新内容のお知らせ

"Ver1.1.9での変更点"

このバージョンでは、以下の修正を行っています。

(1)BMスマートの点字表示をスマホで確認する機能を追加しました。

この機能は、BMスマート Ver2.0.9以降で対応しています。

この機能を使用するには、BMスマートターミナルのメインウィンドウで、[BMスマートの表示を確認する]ボタンを押します。

この機能について詳しくは、スマホでBMスマートの表示内容を確認するを参照してください。

(2)スマホ側からBMスマートとのチャットを開始するボタンを、メインウィンドウに移動しました。


BMスマートターミナル Ver1.1.8のご紹介 2019/11/19

BMスマートターミナル Ver1.1.8の更新内容のお知らせ

"Ver1.1.8での変更点"

このバージョンでは、以下の修正を行っています。

(1)BMスマートの読み上げを、スマホ側でまとめて行う機能を追加しました。

この機能は、BMスマート Ver2.0.8以降で対応しています。

スマホと接続した後、コマンドキー+1,4,6の点の操作を行ってください。

(2)スマホ側で、外部から操作可能なBMスマートを管理する機能を追加しました。

一台のAndroidスマホには、同時に最大7台までのブルートゥース機器を接続することができます。

今後、コミュニケーションサービスなどさまざまな目的でこの機能が活用されて行くことが予想されます。

このため、本アプリでも、ペアリング済みのBMスマートからの操作を許可したり、禁止したりできる機能を追加しました。

この機能について詳しくは、接続先からの操作を管理するを参照してください。

(3)BMスマートとスマホの間で、文字による会話(チャット)を行う機能を追加しました。

スマホとBMスマートの間で、文字による会話(チャット)ができます。

スマホ側からの発言は、通常のテキスト入力、または音声認識によるテキスト入力を使用します。

BMスマート側は、「従来の点字チャット」プログラムを使用します。

双方の発言内容は、発言を終了した時点で、相手側に送信されます。

この機能について詳しくは、BMスマートとチャットするを参照してください。

(4)アクセスビューで、ノードラベルを付けた項目を一覧表示して移動できるコマンドを追加しました。

この機能により、画面内のよく使用するボタンやリンクを、メニューのように選択できます。

ショートカットキーは、オルト+セレクト+Jです。


BMスマートターミナル Ver1.1.7のご紹介 2019/11/5

BMスマートターミナル Ver1.1.7の更新内容のお知らせ

"Ver1.1.7での変更点"

(1)ノードラベル機能の追加
ノードラベルは、画面内のIDが割り当てられている項目に、お好みのラベルを付けて、区別できるようにする機能です。

テキスト情報がないボタンに注釈を付けておくこともできます。

このラベルは、アプリを再起動しても有効です。

また、クリップボード経由でインポート/エクスポートできますので、他のユーザーと情報を共有可能です。

【重要】この機能を実装するために、ユーザー補助サービスの権限「表示項目のIDの参照」を追加しています。

バージョンアップ後に、ユーザー補助設定の画面で、一度「BMスマートターミナル」をオフにしてからオンに戻して、再認証してください。

・オルトキー+コントロールキー+L:このノードにラベルを付けます。

・オルトキー+コマンドキー+3,4,5,6の点:この項目より後ろにあるノードラベルに移動します。

・オルトキー+コマンドキー+1,2,3,6の点:この項目より前にあるノードラベルに移動します。

・オルトキー+コントロールキー+N:ノードラベル情報をクリップボードから読み込みます。

・オルトキー+コントロールキー+セレクトキー+N:このアプリ内のノードラベル情報をクリップボードに保存します。

(2)クリックしてテキスト編集機能を追加
オルトキー+セレクトキー+Tを押すと、今の項目をクリックして編集可能にしてから、テキスト編集ビューを開きます。

この機能は、BMスマートファームウェアVer2.0.7以上でご利用頂けます。

(3)アクセスビューから専用アプリ機能を呼び出す
アクセスビューで、オルトキー+セレクトキー+Bを押すと、「BMスマートターミナル 機能選択ウィンドウ」が開きます。

また、「短縮名でアプリを起動」コマンドで、以下のキーワードを指定すると、直接、専用アプリ機能のウィンドウを開くことができます。

(A)電話

「.tel」:電話を掛けるウィンドウを開きます。

「.tel:〈電話番号〉」:電話を掛ける(番号入力)ウィンドウに番号をセットします。

「.tel:〈名前〉」:電話帳ウィンドウを開いて、名前を検索します。

(B)インターネットメール

「.mail」:インターネットメールウィンドウを開きます。

「.mail:〈名前〉」:メールの送信ウィンドウを開いて、名前を検索します。

(C)WEBブラウザ

「.web」:WEBブラウザを開き、ホームページを表示します。

「.web:〈URL〉」:WEBブラウザで、指定したURLを開きます。

「.web:〈短縮名〉」:指定した短縮名が指定されているURLを開きます。

(D)簡単メモ

「.memo」:簡単メモウィンドウを開きます。

「.memo:」:簡単メモウィンドウを開き、音声認識を開始します。

「.memo:〈題名〉」:指定した題名で、新規メモを編集します。既にメモが登録されていれば、その内容を表示します。


BMスマートターミナル Ver1.1.6のご紹介 2019/10/25

BMスマートターミナル Ver1.1.6の更新内容のお知らせ

"Ver1.1.6での変更点"

このバージョンでは、皆様から頂いたご意見を元に、以下の修正を行っています。

1.文字列編集機能の強化
「日本語入力をもっと簡単にしたい」という声にお応えして、アクセスビューに新たに3個のコマンドを用意しました。

(1)「クリックして編集」コマンド
入力の編集ボックスやリンクの所でオルトキー+Tを押すと、その場所をクリックして編集可能にしてから、一行編集ボックスを開きます。

入力したい文字列が掛けたら、エンターキーで確定します。

すると、入力欄の内容が、新しい文字列に変わります。

このコマンドで入力した文字列は記憶されるので、下矢印キーで以前の入力を参照できます(ただし、パスワード編集の入力は記憶しません)。

新しい文を、入力欄の末尾に追加したい時は、文字列入力後に、コントロールキー+エンターキーで確定します。

(2)文字列の挿入コマンド
入力欄が編集可能になっている時は、一行編集ボックスで入力した文字列を、カーソル位置に挿入できます。

文字列を挿入したい所にカーソルを移動してから、オルトキー+コマンドキー+2,4の点を押してください。

選択状態でこのコマンドを実行すると、選択範囲が新しい文字列に変わります。

(3)「キー操作の送信」コマンド
オルトキー+コントロールキー+Kを押すと、BMスマート側で「キー操作の送信」というウィンドウが開きます。

ここにはAndroidの特殊キー操作の内、利用頻度が高いと思われるもののリストが表示されます。

実行したいキー操作を選択して、エンターキーを押してください。

なお、スマホ側でエンターキーを押す操作(入力確定など)には、ショートカット操作=オルトキー+コントロールキー+エンターキーを用意しています。

(スマホのロック解除)
新しいコマンドを使って、画面オフ状態のスマホを操作可能にするまでの手順は次のようになります。

・アクセスビューを開きます。

・オルトキー+エンターキーを押して、画面をオンにします。

・2・3・5・6の点を押して、ロック画面下部の[ロック解除]ボタンに移動します。

・オルトキー+Tを押して、一行編集ボックスを開きます。

・パスワードを入力して、エンターキーを押します。

・オルトキー+コントロールキー+エンターキーを押して、パスワード入力を確定します。

(4)アクセスビューのメールアドレス入力や、電話番号入力機能でも、キーワード検索が使えるようになりました。
これらのコマンドを実行すると、まず入力ボックスが開きますので、ここに探したい人の名前などを入力してエンターキーを押してください。

すると、指定された文字列に一致する連絡先情報の一覧が表示されます。

何も入力しないでエンターキーを押した場合は、連絡先に登録されている全ての情報が表示されます。

この中から、目的の情報を選択して、エンターキーを押すと、入力欄の内容が新しい情報に変わります。

ここでも、コントロールキー+エンターキーで確定した場合は、新しい情報を入力欄の末尾に追加します。

2.ボリューム調整機能の強化
スマホの音声出力は種類が多いため、それらをまとめて設定できるコマンドを用意しました。

(1)操作音のボリューム設定
ユーザー補助と音楽のボリュームをまとめて設定できます。

操作は、オルトキー+コントロールキー+ボリュームボタンです。

(2)操作音のミュート設定
ユーザー補助と音楽のミュートをまとめて設定できます。

操作は、オルトキー+コマンドキー+1,3,4の点です。

ユーザー補助音声にはミュートがないため、最低のボリュームに設定します。

BMスマートを切断すると、ミュートは解除されます。

(3)着信・アラーム音のボリューム設定
着信音とアラーム音のボリュームをまとめて設定できます。

操作は、セレクトキー+ウィンキーキー+ボリュームボタンです。

3.メインウィンドウの「その他のオプション」メニューに、以下のコマンドを用意しました。
(1)「ブラウザでGooglePlayのページを開く」コマンド
このアプリのインストールページを開きます。

(2)「BMスマート接続時に操作をミュートする」コマンド
ここをチェックしておくと、BMスマートの接続時に、自動的に操作音のミュートが掛かります。

4.専用機能 インターネットメイルでの修正
(1)メールアドレスの検索機能
メールの送信で宛先を指定する際、名前やアドレスの一部を入力してから[アドレス帳から選択する]ボタンを押すと、該当する情報のみが表示されるようになりました。

(2)受信結果の点字表示
メールを受信した際、受信件数が音声に加えて、点字のスポットメッセージでも表示されるようになりました。


BMスマートターミナル Ver1.1.5のご紹介 2019/10/7

BMスマートターミナル Ver1.1.5の更新内容のお知らせ

"Ver1.1.5での変更点"

このバージョンでは、以下の修正を行っています。

(1)連続スワイプ機能に、速度設定コマンドを用意しました。

高速スワイプの速度を、超高速、高速、標準、ゆっくりの4段階で選択できるようにしました。

この設定が有効なコマンドは、高速スワイプと、左右検索コマンドです。

オルトキー+コマンドキー+3,4,6の点で速度アップ、オルトキー+コマンドキー+3,4の点で速度ダウンします。

(2)スワイプ速度の設定コマンドを用意しました。

擬似タッチ操作の、2本指/3本指スワイプの速度を、高速、標準、ゆっくりの3段階で選択できるようにしました。

これにより、1回のスクロール操作でスクロールする幅を調整できます。

オルトキー+3,4,6の点で速度アップ、オルトキー+3,4の点で速度ダウンします。

(3)連続スクロールコマンドを追加しました。

トークバックショートカットのスクロール(左右往復スワイプ)を、連続して行うコマンドを用意しました。

2,4,5,6の点が前方連続スクロール、1,2,3,5の点が後方連続スクロールです。


BMスマートターミナル Ver1.1.4のご紹介 2019/9/27

BMスマートターミナル Ver1.1.4の更新内容のお知らせ

"Ver1.1.4での変更点"

このバージョンでは、以下の修正を行っています。

(1)連続スワイプ機能に対応しました。

長いリスト内も、ワンコマンドでスクロールしながら移動したり、検索できます。

・ナビモードで、3,4の点 左に快速スワイプ 1秒間隔でスワイプします。

・ナビモードで、1,6の点 右に快速スワイプ

・ナビモードで、3,5の点 左に高速スワイプ 1秒間に5回程度スワイプします。

・ナビモードで、2,6の点 右に高速スワイプ

・ナビモードで、3,4,5,6の点 右スワイプで移動しながら検索します。

・ナビモードで、1,2,3,6の点 左スワイプで移動しながら検索します。

詳しくは、 連続スワイプと検索機能について を参照してください。

(2)フォーカス位置のテキスト保存機能を追加しました。

フォーカス移動した範囲のテキストを、まとめて、スマホやBMスマートのクリップボードにコピーできます。

・オルトキー+1,2,6の点 フォーカス位置のテキスト保存を開始。

・オルトキー+3,4,5の点 フォーカス位置のテキスト保存を終了。

 再度実行すると、テキスト保存情報をクリア。

この機能について詳しくは、 フォーカス位置のテキスト保存機能について を参照してください。

(3)「短縮名でアプリを起動」コマンドからWEBアクセスする機能を強化しました。

URLの直接指定、および"web:"を前置してWEB検索を行えるようになりました。

この機能について詳しくは、 WEBページやWEB検索をアクセスビューから直接呼び出す方法について を参照してください。

(4)各種検索機能において、OR検索に対応しました。

複数のキーワードを半角スペースで区切って指定すると、その内のどれかと一致する場所を探すことができます。


BMスマートターミナル Ver1.1.3のご紹介 2019/9/20

BMスマートターミナル Ver1.1.3の更新内容のお知らせ

"Ver1.1.3での変更点"

このバージョンでは、以下の機能強化を行いました。

(1)スマホからのファイルダウンロード機能に対応

「ダウンロードフォルダを開く」機能のメニュー内に、「BMスマートに送信する」コマンドを用意しました。

このコマンドでは、選択中のファイルやフォルダを、BMスマートに転送します。

転送速度は、1分間に300キロバイトで、転送中も、別の作業を続けられます。

転送したファイルは、内蔵SD内の「ダウンロード」フォルダ内に保存されます。

送信中は、BMスマートに、進行状況を示すウィンドウが表示されます。

「BMスマートに送信する」コマンドを再度実行すると、ファイルの転送をキャンセルします。

(この機能を使用するには、BMスマートファームウェア Ver2.0.6以上が必要です)。

(2)左右スワイプの擬似タッチ操作を拡充

次の操作が可能になりました。

左手用:3の点で左スワイプ、2の点で右スワイプ。

右手用:5の点で左スワイプ、6の点で右スワイプ。

(3)新しいスマホのボリューム調整機能

次の操作が可能になりました。

オルトキー+5の点:選択中のオーディオストリームのボリュームを読み上げ。

 続けて押すと、次のオーディオストリームに進みます。

オルトキー+6の点:選択中のオーディオストリームのボリュームを上げる。

オルトキー+4の点:選択中のオーディオストリームのボリュームを下げる。

オルトキー+4,6の点:選択中のオーディオストリームのミュートを切り替える。

オルトキー+コントロールキー5の点:ユーザー補助のボリュームを読み上げ。

オルトキー+コントロールキー+6の点:ユーザー補助のボリュームを上げる。

オルトキー+コントロールキー+4の点:ユーザー補助のボリュームを下げる。

(オルトキー+5の操作は、BMスマートファームウェア Ver2.0.6以上で有効です)。

(4)アクセシビリティフォーカスのテキスト情報を、スマホのクリップボードにコピーする機能を追加

アクセスビューで、オルトキー+セレクトキー+Cを押すと、アクセシビリティフォーカスのテキスト情報を、スマホのクリップボードにコピーします。

(5)「短縮名でアプリを起動」からURLでページを開く

「短縮名でアプリを起動」コマンドで、http:やhttps:で始まるURLを指定すると、直接ブラウザを開いてページを読めるようになりました。

(6)BMスマートターミナルのソフトキーボードに操作ボタンを追加

音声入力ボタン:音声認識で文字列を入力します。

クリアボタン:入力欄の内容をクリアします。

入力変更ボタン:ソフトキーボードの変更ウィンドウを開きます。


BMスマートターミナル Ver1.1.2のご紹介 2019/9/3

BMスマートターミナル Ver1.1.2の更新内容のお知らせ

"Ver1.1.2での変更点"

このバージョンでは、以下の機能強化/修正を行いました。

(1)「アクセスビューの操作」メニュー機能を追加しました。

表示されるメニューの構成については、 「アクセスビューの操作」メニューについて」 をご覧ください。

(2)「短縮名でアプリを起動」機能で、10件までの履歴を記憶するようにしました。


BMスマートターミナル Ver1.1.1のご紹介 2019/8/20

BMスマートターミナル Ver1.1.1の更新内容のお知らせ

"Ver1.1.1での変更点"

このバージョンでは、以下の機能強化/修正を行いました。

(1)ウィンドウ内のジャンプ機能

アクセスビューで、オルトキー+Jを押すと、表示中のウィンドウのテキスト情報をリスト表示して、選択した項目にジャンプできる機能を追加しました。

エスケープキーを押すと、今の位置に戻ります。

この機能を使うと、現在のアクセシビリティフォーカスを移動せずに、画面内のテキストを確認できます。

(2)BMスマートからの、ロック解除操作の簡素化

スマホが画面オフの状態で、BMスマートからブルートゥース接続した場合、「BMスマートターミナル」のウィンドウを表示せずに、直接ロック画面の操作ができるようになりました。

(3)「短縮名でアプリを起動」コマンドの強化

自分で設定した短縮名の他、アプリ一覧に表示されているアプリ名も、そのまま使用できるようになりました。

「Chrome」や「LINE」などのアルファベットの名前は、そのまま利用できます。

(4)アプリデータ保存場所の変更

Android10への移行準備として、アプリデータの保存場所を移行させて頂いています。

今バージョンでは、Android9以前の端末も対象とさせて頂きました。

移行作業は自動的に行われ、完了すると、3日間、メインウィンドウに次のメッセージが表示されます。

 「アプリデータの保存場所を移行済みです」


BMスマートターミナル Ver1.1のご紹介 2019/8/5

BMスマートターミナル Ver1.1の更新内容のお知らせ

"Ver1.1での変更点"

このバージョンでは、以下の機能強化/修正を行いました。

この内、下記(1)~(5)の機能をご利用頂くには、BMスマート側のファームウェアもバージョンアップが必要になります。

BMスマート ファームウェア Ver2.0.3 ベータ版 をインストールしてご使用ください。

(1)画面検索機能

スマホの画面上に表示されている項目を、キーワード検索して、見つかった項目に移動できます。

ショートカットは、オルトキー+コントロールキー+Fです。

(2)短縮名によるアプリの起動

スマホにインストールされているアプリに、入力しやすい短い名前を付けておくと、どこからでも、簡単にそのアプリを起動できる機能です。

短縮名の登録は、オルトキー+セレクトキー+A、アプリの起動は、オルトキー+Aです。

(3)連絡帳に登録しているメールアドレスや電話番号を参照する

スマホの連絡帳に登録されているメールアドレスや電話番号のリストを表示して、アプリの編集項目に入力できる機能です。

メールアドレスの参照は、オルトキー+D、電話番号の参照は、オルトキー+セレクトキー+Dです。

(4)BMスマートの時計の自動設定

BMスマート Ver2.0.3以降から、スマホに接続すると、BMスマートの内部時計が自動的に設定されます。

(5)エスケープキー操作の利用

専用アプリ機能の多くのウィンドウで、エスケープキーによりウィンドウを閉じられるようにしました。

(6)大きなスワイプと小さなスワイプ

ナビモードでの、2本指、3本指の上下スワイプに、大きなスワイプと、通常のスワイプの2種類を用意しました。

2本指の大きな上スワイプは、1,3,4,6の点、大きな下スワイプは1~6の点です。

(7)アプリデータ保存場所の変更(Android9端末)

Android10から、各アプリのデータは、それぞれのアプリの専用領域に保存することが、強く推奨されるようになります。

このため、Android9をご使用の場合に、アプリデータの保存場所を移行させて頂くことにしました。

移行作業は自動的に行われ、完了すると、3日間、メインウィンドウに次のメッセージが表示されます。

 「アプリデータの保存場所を移行済みです」

(8)USBメモリーアクセス機能を別アプリに分離しました

「ダウンロードフォルダウィンドウ」内の、USBメモリーへの読み書き機能を、別アプリ「USBメモリーへの保存と読込」で行うようにしました。

この機能の初回実行時に、アプリのインストールページを表示しますので、インストールを行ってください。


BMスマートターミナル Ver1.0.9のご紹介 2019/7/11

BMスマートターミナル Ver1.0.9の更新内容のお知らせ

"Ver1.0.9での変更点"

1. BMスマートターミナル メインウィンドウの「その他のオプション」メニュー内に、「擬似タッチ操作を無効にする」チェック項目を追加しました。

 「擬似タッチ操作機能」(ナビモードの操作)は、Android7以上の端末でサポートしていますが、一部端末で、これらの操作がアプリケーションのクラッシュを引き起こしてしまうケースが確認されています。
 システム側の原因で発生する問題のため、やむを得ず、この機能を無効化する方法を用意しました。
 この機能が正常に動作する場合は、この項目をチェックしないでください。

2. アクセスビューに、以下の操作を追加しました。

 オルトキー+セレクトキー+H……隠された要素の表示/非表示を切り替えます(標準設定は、非表示)。

 アクセシビリティ機能で、画面上の項目を読み上げる際、これまで非表示の項目も読んでしまっていたため、アプリの操作が分かりにくくなっていました。

 今回のバージョンアップで、システムから非表示と報告される要素は読み上げないように修正しました。

 しかし、一部のアプリでは、画面上に表示されていて、操作に必要な項目が、非表示と報告されてしまう場合があります。

(例:LINEアプリのプロフィール設定内にある、アカウントのQRコードを表示するボタンなど)。

このような問題を回避するため、一時的に、全ての項目を読み上げられるコマンドを用意しました。

3. インターネットメールのメール受信処理を修正しました。

受信メールをサーバに残す設定にしている場合、メッセージIDがないメールを、重複して読み込んでしまう問題を修正しました。


BMスマートターミナル Ver1.0.8のご紹介 2019/7/1

BMスマートターミナル Ver1.0.8の更新内容のお知らせ

"Ver1.0.8での変更点"

アクセスビューに以下の操作を追加しました。

1. マーク機能
  ・オルトキー+セレクトキー+Gの操作で、現在のアクセシビリティフォーカスをマークするコマンドを追加しました。
  ・すると、別の作業を行った後、オルトキー+Gの操作で、その位置に戻ることができます。

 この機能は、マークした位置が、表示範囲内にある場合に使用できます。

2. 画面のタップ機能
 1の点から、6の点までの各キーと、スペースキーの組み合わせ押しにより、画面上の対応する場所をタップする擬似操作を追加しました。
 1の点とスペースで画面の上段左側、6の点とスペースで画面の下段右側をタップできます。

 これらの操作を使うと、アクセシビリティフォーカスを、画面上の位置を指定して移動できます。
 ナビモード オンの状態でご使用ください。


BMスマートターミナル Ver1.0.7のご紹介 2019/6/18

BMスマートターミナル Ver1.0.7の更新内容のお知らせ
2019年6月18日
ケージーエス株式会社

"Ver1.0.7"での変更点

1. BMスマートとAndroidの通信処理を改善しました。
 BMスマートとAndroidの通信で、操作の遅延などに繋がる重要な問題を修正しました。
 これにより、専用アプリ機能の、インターネットメールやWEBブラウザ機能がよりスムーズに操作できるようになりました。

2. WEBブラウザ機能の強化
 「最新の情報に更新」コマンド(ショートカット:コントロール+W)を追加しました。
 スクリプトなどにより内容が変更されて行くページを開いている時、このコマンドで、点字表示を最新の状態に更新できます。

3. 簡単メモ機能の強化
 「新しいメモを編集する」コマンドを追加しました。
 ここにBMスマートからテキストを貼り付けておくと、必要な時に通知から開いて、簡単に読めます。


BMスマートターミナル Ver1.0.6のご紹介 2019/6/7

BMスマートターミナル Ver1.0.6の更新内容のお知らせ
2019年6月7日
ケージーエス株式会社

"Ver 1.0.6"での変更点

1. メインウィンドウの[オプションメニュー]に、「ブラウザでこのアプリのページを開く」項目を追加しました。
 ホームページ掲載の最新トピックスを、簡単に確認頂けます。

2. ダウンロードフォルダのファイルを、USBメモリーに保存する機能を追加しました。
 この機能は、USBホスト機能に対応した、Android7以上の端末で利用可能です。
 この機能について詳しくは、操作説明書の「3.7 ダウンロードフォルダの操作]」の項をご参照ください。


BMスマートターミナル Ver1.0.5のご紹介 2019/5/31

BMスマートターミナル Ver1.0.5 の更新内容のお知らせ
2019年5月31日
ケージーエス株式会社

"Ver 1.0.5"での変更点

1.擬似タッチ操作で再生する巣ワイプ操作の条件を再調整しました。

2.「ユーザー補助機能」ボタンを、ウィンドウのテキスト保存に使用する機能を追加しました。
  ※詳細につきましては、操作説明書の「画面上のテキスト情報を保存しておいて、後で参照する」の項をご参照ください。

Androidアプリ BMスマートターミナル更新情報

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional