ブレイルメモスマートとAndroidスマートフォンを接続して利用する - お知らせ - ケージーエス株式会社

視覚障害者用福祉機器と精度の高いソレノイドの開発生産、産業用機器から民生用機器まで

ブレイルメモスマートとAndroidスマートフォンを接続して利用する

このページでは、BMスマートとAndroidスマートフォンを接続して使うための手順をご紹介致します。

1.準備

ブレイルメモスマートのバージョンを確認します。

 ブレイルメモスマートの以下のコマンドで、ファームウェアのバージョンが2.0以上になっていることを確認してください。

  メインメニュー → ヘルプ → バージョン情報

 ブレイルメモスマートのバージョンがそれ以前の場合は、以下のリンクから最新のファームウェアをダウンロードして、BMスマートにインストールしてください。

 URL: ケージーエス福祉機器用ダウンロード専用ページ

ご使用のAndroidスマホがアプリの動作環境を満たしているかどうかを確認します。

 このアプリは、以下の条件を満たすAndroid端末でご使用頂けます。

 詳しくは、 アプリの操作説明書、「2 動作環境」 の項を参照してください。

  • GooglePlayからアプリをインストール可能な機種(必須)。
  • アンドロイドバージョン 6~9(必須)。
  • スクリーンリーダー(AccessibilitySuite, TalkBackなど)が利用可能な機種(必須)。
  • 日本語の音声出力、および音声認識が可能な機種(必須)。
  • ユーザ補助サービスが追加可能な機種(必須)。

Androidスマホに、BMスマートターミナルをインストールします。

 GooglePlayで、「BMスマートターミナル」を検索し、インストールしてください。

BMスマートターミナルをセットアップします。

 Androidスマホでは、セキュリティを守るため、アプリへの権限の承認や機能の登録を、ユーザの操作でして頂く必要があります。

 また、ご使用のBMスマートを、「スマホにブルートゥースで接続してよい機器」として登録する作業(ペアリング)が必要です。

  アプリの操作説明書、「2.2 セットアップ」 の項で説明する手順に沿って、セットアップを行ってください。

2.操作手順

BMスマートとAndroidスマホを接続する

 BMスマートとAndroidスマホは、必要な時に、ブルートゥースで接続して使います。

 接続するには、

 (A)スマホでアプリ「BMスマートターミナル」を起動し、[前回と同じBMスマートに接続する]ボタンをダブルタップします。

 また、アプリのセットアップが完了している場合は、次の方法も利用できます。

 (B)スマホの画面下部ナビゲーションバーにある、[ユーザ補助]ボタンをダブルタップする。

 (C)BMスマートの次のコマンドを使って、BMスマート側から接続する。

  メインメニュー → 接続 → ブルートゥース クイック接続

「外部端末の操作」

 BMスマートとスマホを接続すると、BMスマート側に「外部端末の操作」ウィンドウが表示されます。

 (A)アプリで用意している機能を使う

 BMスマートターミナルでは、アプリの中に、電話、インターネットメール、連絡先の編集、WEBブラウザなどの機能を用意しています。

 これらの機能を使うには、[このアプリの機能を利用する]ボタンを押します。

 操作方法について詳しくは、 アプリの操作説明書 「3.専用アプリ機能」 の項を参照してください。

 (B)スマホ全体の操作や、一般アプリを使う

 BMスマートターミナルには、スマホをBMスマートから操作したり、スマホの表示を点字で確認したり、またスマホ上の文字編集をBMスマート側で行う機能があります。

 これらの機能を使うには、[アクセスビューを表示する]ボタンを押します。

 操作方法について詳しくは、別文書 「アクセスビューの使い方」 を参照してください。

音声認識で、BMスマートに入力する

 BMスマートとスマホが接続されている時は、スマホの音声認識を使って、BMスマートに入力することができます。

 認識を始めるには、BMスマートで、コマンドキー+1,2,3,5の点を押します。

 詳しくは、 アプリの操作説明書 「5.その他の機能」 の項を参照してください。

ブレイルメモスマートとAndroidスマートフォンを接続して利用する

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional