文字の入力と入力フォーカス - お知らせ - ケージーエス株式会社

視覚障害者用福祉機器と精度の高いソレノイドの開発生産、産業用機器から民生用機器まで

文字の入力と入力フォーカス

BMスマートからAndroidスマホに文字を入力する操作についてご説明します。

1.文字入力の仕組み

 アプリからAndroidに文字を入力するルートには、ソフトキーボードを使う方法と、ユーザ補助機能を使う方法の二つがあります。

 ソフトキーボードを使うと、文字の入力と、キー操作の両方をAndroidに伝えることができます。
 一方、ユーザー補助機能では、文字の入力はできますが、キー操作を伝えることはできません。

 BMスマートターミナルには、BMスマートから入力するための専用のソフトキーボード「BMスマートキーボード」が含まれています。
 このキーボードが選択されていると、アクセスビューから直接アプリに英数字を入力したり、矢印キーやバックスペースキーなどのキー操作ができます。
 BMスマートキーボードがOFFの時は、英数字を入力しても、「キーボードは利用不可です」というメッセージが発声されて、Androidには入力されません。
 特にアカウントやパスワードの入力は入力したい、場所によって、キーボードからしか文字が入らないことがあるので、必要に応じてBMスマートキーボードをONにしてください。

 アクセスビューでは、オルト+セレクト+Kの操作で、いつでもソフトキーボードを変更できるようになっています。
 スマホ側のタッチ操作で直接入力したい時は、ソフトキーボードをいつもご使用のものに戻してください。


2.入力フォーカスとアクセシビリティフォーカス

 フォーカスとは、その画面の中で、今操作対象として選択されている要素のことです。
 
 一般には、フォーカスと言えば入力フォーカスを指します。
 しかし、トークバックでは、テキスト表示やボタンなど入力フォーカスが当たらないものも、読み上げや操作の対象としてマークする必要があります。

 そこで、アクセシビリティフォーカスという新しいフォーカスを追加しました。
 スマホを左右スワイプして移動するのは、このアクセシビリティフォーカスです。

 アクセシビリティフォーカスを次の入力欄に移動しても、入力フォーカスは連動して動くことはありません。
 今いる入力欄に入力フォーカスをセットして入力を始めるには、オルト+エンターキーを押してクリックしてください。


3.テキスト編集ビュー

 テキスト編集ビューを使うと、BMスマートキーボードのオン/オフに関わらず、文字を入力できます。

 テキスト編集ビューでは、BMスマートキーボードがONの時はキーボードから文字を入力し、OFFの時はユーザー補助機能で文字を入力しています。

 どちらで入力するかは、テキスト編集ビューの「説明欄」に表示されています。
 日本語などの全角文字を入力したい時は、いつでも、テキスト編集ビューをご使用ください。

 アクセスビューからテキスト編集ビューを開くには、オルト+Kを押します。
 テキスト編集ビューが開くと、まず、今Androidの入力フォーカスに入っている文字列が、表示されます。
 ここで、通常のテキスト編集ウィンドウの操作で、文章を修正したり、新しい入力を行います。

 コマンドキー+Rを押して、音声認識入力をすることもできます。

 編集が終わったら、オルト+エンターキーを押して、入力した内容をAndroid側に送信します。

 入力をキャンセルしたい時は、エスケープキーを押してください。

文字の入力と入力フォーカス

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional