BMスマートターミナルのユーザー補助サービスを設定しようとしたときに、設定操作がブロックされてしまう場合の原因と対処法 - お知らせ - ケージーエス株式会社

視覚障害者用福祉機器と精度の高いソレノイドの開発生産、産業用機器から民生用機器まで

BMスマートターミナルのユーザー補助サービスを設定しようとしたときに、設定操作がブロックされてしまう場合の原因と対処法

ユーザー補助サービスは、BMスマートターミナルで、一般のアプリを操作するために必要な部品です。

この機能を使うためには、ユーザーがスイッチをオンにして、システムに組み込む必要があります。

BMスマートターミナル メインウィンドウ内の、[端末の設定 「ユーザー補助」を開く]ボタンから、この設定ができるようになっています。

ところが、この設定の途中で、次のようなメッセージが表示され、設定操作を進められなくなってしまう場合があります。

 「アプリが許可リクエストを隠しているため、設定側でユーザーの応答を確認できません。」

これは、「設定を許可するためのウィンドウの前に、オーバーレイアプリと呼ばれるアプリが、透明のウィンドウを重ねて表示しているため、他のウィンドウ越しに行なわれる許可操作は、受け入れられない」という意味の、Androidシステムのメッセージです。


〔対処方法〕

このようなメッセージが表示された場合は、問題にされているオーバーレイアプリを一時的にオフにしないと、設定を進められません。

オーバーレイアプリの設定変更は、以下の場所で行うことができます。

(Androidのバージョンにより、名称が異なる場合があります)。

(1)端末の「設定」を開きます。

(2)「アプリと通知」に入ります。

(3)[詳細設定]のボタンを押して、展開します。

(4)「特別なアプリアクセス」に入ります。

(5)「他のアプリの上に重ねて表示」の中に入ります。

(6)ここに表示されているアプリが、オーバーレイアプリです。

ただし、これらの内のどれが、問題になっているかは分かりません。

それぞれの項目を選択すると、設定ウィンドウが開きますので、全ての項目を、一時的に[オフ]にしてみてください。

BMスマートターミナルのユーザー補助サービスを設定しようとしたときに、設定操作がブロックされてしまう場合の原因と対処法

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional