連続スワイプと検索機能について - お知らせ - ケージーエス株式会社

視覚障害者用福祉機器と精度の高いソレノイドの開発生産、産業用機器から民生用機器まで

連続スワイプと検索機能について

1.連続スワイプ機能

連続スワイプは、右スワイプ、または左スワイプを、一定間隔で自動的に行うことで、リスト内などを移動できる機能です。

1秒間に5回程度の速度でスワイプする高速スワイプと、各項目の先頭部分を聞きながら移動できる快速スワイプの2種類があります。

次の操作をすると、連続スワイプを開始します。

 ナビモードで、2,6の点 右に高速スワイプ
 ナビモードで、3,5の点 左に高速スワイプ
 ナビモードで、1,6の点 右に快速スワイプ
 ナビモードで、3,4の点 左に快速スワイプ

快速スワイプでは、1秒ごとにスワイプして、各項目を読み上げますので、どのような項目を移動しているかを確認しながら、目的の項目で止まることができます。

高速スワイプでは、内容は読みあげず、BMスマートに、スワイプの向きと回数のみが表示されます。

これ以上スワイプできなくなったり、次に何らかの操作をすると、連続スワイプを終了します。

リストなどに表示されている多量のテキストをコピーしたい時には、フォーカス位置のテキスト保存機能を開始してから、右向きの連続スワイプでリスト内をスキャンする方法が便利です。

2.連続スワイプによる検索機能

(この機能を利用するには、BMスマートファームウェア Ver2.0.3以上が必要です)。

連続スワイプしながら、検索キーワードを探すことができます。

 オルトキー+コマンドキー+3,5,6の点 右新規検索
 オルトキー+コマンドキー+2,3,6の点 左新規検索
 ナビモードで、3,4,5,6の点 右検索
 ナビモードで、1,2,3,6の点 左検索

これらのコマンドでは、フォーカスを移動する度に、その項目に検索キーワードが含まれているかどうかを調べます。

検索キーワードが見つかると、連続スワイプを終了します。

右検索は、右に高速スワイプしながら検索キーワードを探すコマンドです。

左検索は、左に高速スワイプしながら、同様の処理を行います。

検索するキーワードは、他の検索コマンドと共通ですので、新規検索コマンドなどで指定したキーワードで続けて検索できます。

検索したいキーワードを新たに指定したい場合は、右新規検索や、左新規検索のコマンドをご利用ください。

連続スワイプと検索機能について

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional