Android新時代 第26回 「BMスマートターミナルの手軽な操作」 - お知らせ - ケージーエス株式会社

視覚障害者用福祉機器と精度の高いソレノイドの開発生産、産業用機器から民生用機器まで

Android新時代 第26回 「BMスマートターミナルの手軽な操作」

「BMスマートターミナル」という名前が少し長いので、これから、このコラムでは、「ターミナル」という愛称も使うことにしたいと思います。

さて、今回は、ターミナルの途中から加わった操作の中で、皆様に是非ご活用頂きたいTipsをご紹介します。

(1)左右スワイプ

ナビモードの左右スワイプの操作は、当初、3の点が前の項目に戻る左スワイプ、6の点が次の項目に進む右スワイプでした。

でも、これらは、非常によく使う操作なので、左右どちらの手でもホームポジションで片手で操作できるように、2の点と3の点、5の点と6の点の二組を用意しました。

左手で操作する場合、3の点で左スワイプ、2の点で右スワイプ

右手で操作する場合:5の点で左スワイプ、6の点で右スワイプ

(2)改行の入力

ターミナルでは、ソフトキーボードへのキー入力は、ナビモードをオフにしてから、点字入力するようになっています。

でも、改行キーは、パスワード入力や、ブラウザの検索キーワード入力などで、機能を実行するために、頻繁に使います。

そこで、ナビモードのままでも、改行がソフトキーボードに入力できる操作を用意しました。

一行編集ボックスへのキーワード等の入力は、以下の流れで行います。

・オルト+Tを押して編集ボックスを開き、キーワードを点字入力して、エンターキーを押します。

・オルト+コントロール+エンターキーの操作で入力を確定し、検索などを実行します。

(3)ペアリングの操作

2台のブルートゥース機器を接続するには、最初にペアリングという縁結びの手続きをする必要があります。

BMスマートをスマホに接続する時は、まずスマホで[この端末を発見可能にする]というボタンを押してから、BMスマートからスマホを探して接続します。

すると、スマホ側に、ペアリングしてよいかを問い合わせるメッセージが表示されるので、許可するボタンを押します。

これで、ペアリング完了です。

前にペアリングしたことのあるBMスマートは、スマホのアドレスを覚えているので、機能的には、スマホを発見可能にする必要はありません。

でも、トークバックの音声操作を使用している時は、ターミナルの[この端末を発見可能にする]ボタンを押してから接続した方が、ペアリング許可のメッセージにフォーカスが移動して、便利です。

もし、これらの操作をまだ使っていないようでしたら、是非試してみてくださいね。

開発課 鈴木

Android新時代 第26回 「BMスマートターミナルの手軽な操作」

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional