アプリを使ってみましょう - LINE社のLINE - お知らせ - ケージーエス株式会社

視覚障害者用福祉機器と精度の高いソレノイドの開発生産、産業用機器から民生用機器まで

アプリを使ってみましょう - LINE社のLINE

ここでは、トークバックが読み上げるテキスト情報を元に、代表的なコミュニケーションツールの一つ LINEの使い方をご紹介します。

このアプリは、下記のGooglePlayストアのURLからインストールできます。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.naver.line.android&hl=ja

1.LINEの主な使い方

LINEは、登録している友達と、簡単にコミュニケートできるツールです。

(1)友達と、文字や声でトークする
 トークの相手を選び、文章を入力して送信、または音声を録音するだけで、相手にメッセージを届けられます。
 これまでのやり取り、いつ、どんな連絡をしたかが、一覧で表示されます。

(2)友達と、無料で通話する
 LINEの中で、相手に無料で電話できます。


2.ウィンドウの切り替え

以下は、LINEのホーム画面の表示です。

(ここから、画面の構成)

《あなたの名前が表示されます》
...
ホーム
友だちを追加 ボタン
検索 ボタン
設定 ボタン
...
ホーム
...
トーク
...
タイムライン
...
ニュース
...
ウォレット

(ここまで、画面の構成)

画面下部の、ホームからウォレットまでの5行が、画面の切り替えボタンになっています。この中から選択してエンターキーを押すと、画面の表示を切り替えられます。
ナビモードをオンにしてください。

(LINEの画面の切り替えの操作では、オルトキー+エンターの操作は効かないようです)。


3.友達を追加する

今会っている人を友達に追加するには、QRコードを使う方法が便利です。

(操作1)ホーム画面の一番上にある、あなたの名前が表示されている行の所で、オルトキー+エンターを押します。

すると、以下のプロフィール画面が表示されます。

(ここから、画面の構成)
プロフィール
《あなたの名前》
プロフィール
Keep
BGM設定
プロフィールにBGMを設定しよう!
Keep
投稿
投稿
写真・動画
写真・動画
あなたの近況を投稿してみよう!
写真や動画を友だちとシェアしよう!

(ここまで、画面の構成)

(操作2)プロフィール画面の3行目の「プロフィール」の行の所で、オルトキー+エンターを押します。

(ナビモードのスワイプ、3の点、6の点の操作ではこの項目に移動できないようですので、オルトキー+1,2,3,4,6の点で画面上端に移動し、オルトキー+下矢印キー2回、の操作を行ってください)。

すると、以下のプロフィール設定画面が表示されます。

(ここから、画面の構成)

戻る
プロフィール
背景画像
プロフィール画像
名前
《あなたの名前》
ステータスメッセージ
《登録しているメッセージ》
電話番号
《登録している電話番号》
画像の変更を投稿
プロフィール・背景画像を変更すると、その変更がタイムラインに投稿されます。
BGM
あなたのプロフィールで、友だちがBGMに設定された曲を聴くことができます。
ID
《設定しているID》
IDによる友だち追加を許可
他のユーザーがあなたのIDを検索して友だち追加することができます。
QRコード
誕生日
《設定している誕生日》
LINE Profile+
あなたのプロフィール情報を管理して、提携サービスで簡単に利用できます。

(ここまで、画面の構成)

(操作3)上記のプロフィール設定画面の、QRコードの所でオルトキー+エンターを押します。

(ナビモードのスワイプ、3の点、6の点 の操作で「QRコード」の行に移動できます。BMスマートターミナルの他の機能でこの項目を見えるようにするには、オルトキー+セレクトキー+Hを押して、表示モードを「全てのノードを表示する」に変更してください)。

すると、画面にあなたのアカウントのQRコードが表示されます。

相手のQRコードを取り込むには、以下の画面下部の、QRコードリーダーをクリックします。

カメラを向けて、相手のQRコードが表示されている画面の上を移動させていると、見つけて取り込んでくれます。

(ここから、画面の構成)

戻る
マイQRコード
もっと見る ボタン
QRコード
友だちがこのQRコードをLINEのQRコードリーダーでスキャンすると、あなたを友だちに追加できます。
QRコードリーダー

(ここまで、画面の構成)


4.友達とトークする

友達として登録している相手とトークしたり、通話するには、トーク画面を使います。

他の画面から移動するには、画面下部にある画面選択の「トーク」の行で、エンターキーを押します。
ナビモードをオンにしてください。

(画面の一番下に移動するには、オルトキー+1,3,4,5,6の点の操作が便利です)。

すると、以下のトーク画面が表示されます。

(ここから、画面の構成)

《ここに、追加済みの友達と、最新のトーク内容の一覧が表示されます》
トーク
新しいトーク ボタン
検索 ボタン
もっと見る ボタン
ホーム
...
トーク
...
タイムライン
...
ニュース
...
ウォレット

(ここまで、画面の構成)

(操作1)トーク画面の上部に表示されている、登録済みの友達の情報の中から、トークしたい相手を選び、オルトキー+エンターを押します。

すると、以下のように、その人とのこれまでのトークの記録が表示されます。

(ここから、画面の構成)

グループボード
戻る
《トークする相手のアカウント名》
発信 ボタン
もっと見る ボタン
《ここに、これまでのやり取りの記録が表示されます》
添付メニュー、カメラ、写真動画ボタンを表示
(テキスト入力欄)
スタンプと絵文字を選択
音声録音

(ここまで、画面の構成)

(操作2)新しく、文字でトークを送るには、画面下部にあるテキスト入力欄の所でオルトキー+エンターを押して、入力フォーカスを当てます。

オルトキー+Kを押して、BMスマートのテキスト編集ビューを開き、送りたいメッセージを編集します。

編集できたら、オルトキー+エンターを押して、スマホに送ります。

スマホにメッセージが入力できると、以下のように、LINEの[送信]ボタンが選択可能になります。

このボタンに移動して、オルトキー+エンターを押します。

(ここから、画面の構成)

グループボード
戻る
《トークする相手のアカウント名》
発信 ボタン
もっと見る ボタン
《ここに、これまでのやり取りの記録が表示されます》
添付メニュー、カメラ、写真動画ボタンを表示
すみません。これはテストメッセージです。
スタンプと絵文字を選択
送信

(ここまで、画面の構成)

(操作3)音声を送るには、画面の下部にある「音声録音」ボタンを押します。

テキスト入力欄に何か入力していると、このボタンは選択できません。

音声録音ボタンを押すと、その下に、「話しをしている間画面を押し続ける」旨のメッセージが出てきます。

この操作はBMスマートからはできないので、スマホ側で、ロングタップの操作をしたままにして、あなたの声を録音してください。

ダブルタップをして、そのまま指を離さない感じです。

(ここから、画面の構成)

グループボード
戻る
《トークする相手のアカウント名》
発信 ボタン
もっと見る ボタン
《ここに、これまでのやり取りの記録が表示されます》
添付メニュー、カメラ、写真動画ボタンを表示
(空の入力欄)
スタンプと絵文字を選択
音声録音
音声録音. 音声メッセージを録音するには、画面のいずれかの場所をダブルタップし、指を画面に置いたままにします。 - 音声メッセージを録音するには、音声録音ボタンをタップしたままにします。

(ここまで、画面の構成)


5.LINEで通話する

友達と通話するには、トークしたのと同じ画面で、画面上部の[発信]ボタンに移動し、オルトキー+エンターを押します。

すると、以下のように、画面下部に、無料通話ボタンが出て来ますので、このボタンを選択して、オルトキー+エンターを押します。

(ここから、画面の構成)

グループボード
戻る
《トークする相手のアカウント名》
発信 ボタン
もっと見る ボタン
《ここに、これまでのやり取りの記録が表示されます》
添付メニュー
カメラ
写真と動画
(テキスト入力欄)
スタンプと絵文字を選択
音声録音
無料通話
ビデオ通話

(ここまで、画面の構成)

通話中は、以下のように表示されます。

(ここから、画面の構成)

(相手のアカウント名)
《通話時間》
通話を終了する

(ここまで、画面の構成)

逆に、相手から電話が掛かって来た時には、以下のように表示されます。

「音声通話に応答」の行で、オルトキー+エンターを押してください。

(ここから、画面の構成)

《だれからの電話かが表示されます》
音声通話に応答
音声通話を拒否

(ここまで、画面の構成)

以上

アプリを使ってみましょう - LINE社のLINE

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional