テキスト情報の転送 - お知らせ - ケージーエス株式会社

視覚障害者用福祉機器と精度の高いソレノイドの開発生産、産業用機器から民生用機器まで

テキスト情報の転送

BMスマートとAndroidスマホの間でテキスト情報を転送する操作についてご紹介します。

1. スマホの入力欄にBMスマート内の文書を貼り付ける

 スマホの入力欄に文書を一括送信するには、テキスト編集ビューを使います。
 テキスト編集ビューも普通のウィンドウですので、同時に別のウィンドウを開いたり、コピー&ペーストで、他のウィンドウからテキストを持ってくることができます。

 次のように操作してください。

 (1) アクセスビューで、スマホ側の入力欄を探します。
 (2) オルトキー+エンターを押して、その入力欄に、入力フォーカスを当てます。
 (3) オルトキー+Kを押して、テキスト編集ビューを開きます。
 (4) ウィンキー+コントロールキー+Oを押して、「ファイル一覧」ウィンドウを開きます。
 (5) このウィンドウで、目的の文書が保存されているファイルを選択し、エンターキーを押します。
   すると、文書が、テキスト編集ウィンドウに表示されます。
 (6) コントロールキー+A(全て選択)、コントロールキー+C(コピー)などの操作で、
   文書をクリップボードにコピーします。
 (7) コマンドキー+Zの操作で、テキスト編集ウィンドウを閉じます。
   すると、操作がテキスト編集ビューに戻ります。
 (8) コントロールキー+Vを押して、テキスト編集ビューに文書を貼り付けます。
 (9) オルトキー+エンターを押して、文書をスマホに送信します。

 *目的の文書がブロック登録されていれば、テキスト編集ビューから直接呼び出すことができます。


2. 画面情報の保存コマンド

 スマホで今表示しているテキスト情報を、保存しておき、後で再利用することができます。

 次のコマンドを利用します。

 (1) オルトキー+F……アクセシビリティフォーカスのテキスト情報を、簡単メモに保存します。
 (2) オルトキー+W……表示中のウィンドウのテキスト情報を、簡単メモに保存します。

 これらのコマンドでは、テキスト情報をスマホ内に保存します。
 保存したテキストを参照するためのリンクが通知シェードに登録されますので、外出先でも内容をすぐに確認できます。

 (3) オルトキー+セレクトキー+F……アクセシビリティフォーカスのテキスト情報を、
                   BMスマートのクリップボードに送信します。
 (4) オルトキー+セレクトキー+W……表示中のウィンドウのテキスト情報を、BMスマートの
                   クリップボードに送信します。

 こちらは、テキストをBMスマートに転送します。
 クリップボードに保存されるため、他の文書内に貼り付けたり、クリップボードから開くコマンドでテキストを加工してから、SDカードなどに保存したりできます。

 BMスマートに転送された情報をファイルに保存するには、次のように操作します。

 (1) ウィンキー+コントロールキー+Cを押して、「クリップボードから開く」コマンドを実行します。
   すると、テキスト編集ウィンドウが開き、転送された文書が表示されます。
 (2) ここで、文書内の不用な部分があれば、範囲選択して、削除します。
 (3) ファイルメニュー内の「名前を付けて保存」コマンドを実行し、テキスト情報をファイルに保存します。


3. クリップボード転送コマンド

 Androidスマホにもクリップボードがあり、アプリから情報を保存したり、アプリに情報を貼り付けることができます。

 例えは、OCRアプリでは、文字認識したテキスト情報を、クリップボードにコピーできたりします。

 そこで、BMスマートターミナルでは、BMスマートのクリップボードから、スマホのクリップボードに情報を送ったり、逆にスマホのクリップボードからBMスマートのクリップボードに情報をもらって来れるようになっています。

 (1) コマンドキー+2,4,6の点……BMスマートのクリップボードのテキストを、スマホのクリップボードに
                 送信します。
 (2) コマンドキー+1,3,5の点……スマホのクリップボードのテキストを、BMスマートのクリップボードに
                 送信します。

 BMスマートのクリップボードに転送された情報は、上記と同じ要領で利用してください。

テキスト情報の転送

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional