スマートフォンの音声認識を使って、BMスマートに入力する - お知らせ - ケージーエス株式会社

視覚障害者用福祉機器と精度の高いソレノイドの開発生産、産業用機器から民生用機器まで

スマートフォンの音声認識を使って、BMスマートに入力する

この文書では、スマートフォンの音声認識をBMスマートの入力に利用するための具体的な操作方法をご説明します。
BMスマートターミナルアプリのセットアップや、BMスマートのペアリングがまだの方は、アプリの操作説明書、「2.2 セットアップ」の項で説明する手順に沿って、セットアップを行ってください。

1. BMスマートとスマートフォンを接続する

どちらからでも接続できますので、以下の(A)(B)の中からやりやすい方を行ってください。

(A)スマートフォンでアプリ「BMスマートターミナル」を起動し、[前回と同じBMスマートに接続する]ボタンをダブルタップします。

(B)BMスマートの次のコマンドを使って、BMスマート側から接続します。
 メインメニュー → 接続 → ブルートゥース クイック接続

BMスマートとスマートフォンが接続できると、BMスマート側に「外部端末の操作」ウィンドウが表示されます。

このウィンドウが表示されたら、スマートフォンの音声認識でBMスマートに入力できます。

専用アプリ機能や、アクセスビューなど、スマートフォンを利用する他の機能とも併用可能です。

2. BMスマート側で「テキスト編集」ウィンドウを開く

(1)ウィンキー+Tを押して、テキスト編集プログラムを起動します。

(2)音声認識入力を試してみるには、[新規メモファイルを作成する]というボタンの所で、そのまま、エンターキーを押してください。

既存の文書に追記したい場合は、その文書をファイルから読み込んでください。
これで、テキスト文書を編集できる状態になりました。

3. 音声認識入力の操作

(1)音声認識を始めるには、BMスマート側でコマンドキー+Rを押します。

すると、スマートフォン側で「ピコン」という音声認識の効果音が鳴りますので、入力したい言葉を話してください。

(2)認識が終わると、BMスマートに「挿入する文字列の確認」というウィンドウが開き、認識結果が表示されます。

認識結果に複数の候補がある場合には、正しそうな順に提示されますので、入力する文を、上下矢印キーで選択してください。

認識に失敗した時には、このウィンドウが表示されません。上記(1)からやり直してください。

(3)ここで、次の4種類の操作から選択してください。

(A)取りあえず、今回の認識結果を本文に入力したい時は、エンターキーを押します。

(B)今回の認識結果を破棄したい時は、エスケープキーを押します。

(C)認識をやり直したい時は、コントロールキー+エスケープキーを押します。

(D)今回の認識結果を本文に入力して、次の認識を続けたい時は、コントロールキー+エンターキーを押します。

コントロールキーを含む操作をすると、スマートフォン側で再び「ピコン」という音声認識の効果音が鳴りますので、次の入力内容を話してください。

本文には、一認識一行で挿入されていきます。

現状のGoogle音声認識では、文末の句点が入らないので、後で挿入する必要があります。

音声認識入力をしている時も、通常の文字入力や、他の編集操作ができますので、適宜、文章を整えてください。

入力が終わったら、文書を保存して、テキスト編集ウィンドウを閉じます。

スマートフォンとの接続を切断するには、「外部端末の操作」ウィンドウを閉じます。

「外部端末の操作」ウィンドウに戻れないときは、ウィンキーを押して、ウィンドウ一覧から選択してください。

スマートフォンの音声認識を使って、BMスマートに入力する

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional