「ケージーエス製品 私はこう使う!」第5回 - お知らせ - ケージーエス株式会社

視覚障害者用福祉機器と精度の高いソレノイドの開発生産、産業用機器から民生用機器まで

「ケージーエス製品 私はこう使う!」第5回

NPO法人パソコン教室 スラッシュ 圓山みち子先生
使用機器:ブレイルメモスマート40
使用内容:墨字文章の作成・編集


ユーザーの方々にケージーエス製品の活用方法を語っていただく『コラム「ケージーエス製品 私はこう使う!」』

みなさんはブレイルメモスマートで墨字文章の読み書きができることは、ご存知ですか?

今回はそんなブレイルメモスマートでの墨字文章の作成について、荻窪で長年「目の不自由な方々のためのパソコン教室スラッシュ」を運営されてます、圓山みち子先生にお話いただきました。


圓山みち子様

圓山みち子様



 自分のペースで作業ができます 

まず、ブレイルメモスマートを使うとき、せっかく音声が出ているけど、私は音声を止めて使ってるんです。墨字の文章で漢字変換するのに音声がなくても、点字で漢字の変換候補の詳細読みを表示してくれるので、音声なしで難なく使えています。

パソコンで墨字の文章を編集するのもいいのだけど、パソコンだと音声を聞いていなきゃいけないじゃないですか。音声のスピードをいくら調節しても、それは自分のペースじゃないんですよ。
ブレイルメモで墨字編集をすると、点字を自分のペースでなぞる訳だから、自由に10文字戻って読み返したりできるんですよ。

パソコン教室スラッシュをNPO法人に移行する際に、墨字の書類を作成する必要があったんですが、それもブレイルメモスマートで作成しました。フォーマットに合わせて該当欄を埋めていく作業だったんですが、パソコンで音声を聞きながらやると、音声に合わせてカーソルを移動させたりするのが手間だったんだけど、ブレイルメモで点字を読みながらだと、自分のペースで作業ができて楽でした。

また、依頼で墨字の原稿を書くこともあるのだけど、これまではパソコンで書いてたんですが、その時は必ず見える人に確認してもらうんですね。
例えば「あります」と書くところを「ありまし」って書いても、音声で聞くと「あります」って聞こえるんですよ。自分で書いているから、なおさらです。だけど、ブレイルメモだと点字表示で、自分で確認することができるんですよ。それでも、もちろん最後は見える人に確認してもらうんですけど、間違いは減っていますね。


/column/Column5_2.JPG

 USBメモリでやり取りが楽です 

墨字文章を見える人に見てもらうときは、USBメモリを利用しています。USBメモリに文章を保存して、それをパソコンに挿しなおして、墨字文章のデータをやり取りしています。やりとりが楽なんで、メインメモリに保存しないで、ほとんどUSBメモリに直接保存しています。




ブレイルメモスマート40は、仕事に勉強にそして生活にと、いつでもどこでも点字と音声を利用した快適なモバイル環境を実現するコンパクトでクールな次世代型点字ディスプレイです。

メーカー希望小売価格
\380,000(非課税)
詳細はコチラ



Tag: コラム 仕事 BMS40

「ケージーエス製品 私はこう使う!」第5回

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional